ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月29日

毎日大祓詞を唱える

多くの神社で、毎日、神職が大祓詞を唱え、自分自身、そして神社や周辺を祓へ浄めます。

大祓詞は、唱えましても、2・3分ですが、響きが良く、意味の良い言葉を厳選して作られておりますので、唱えている時も気持ちよく、また唱え終わりますと心身がすっきりと致します。

時々、ご神前や、神棚の前で何をお願いすればよいのでしょうかとお問い合わせを頂きます。

さすれば、毎日、大祓詞を唱えられますのは如何でしょうか。

大祓詞はネットにも出ておりますし、京都大神宮では、大祓詞のプレイトとその文字を拡大した紙を同封して授与しております。

何度も唱えられますと自然に覚えてしまいます。

ご神前におられない時でも、気分がすぐれないときに暗唱なさいますと、気が晴れます。

大祓詞を常に唱えられる習慣をお持ちになられるのをお勧めいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朝日御朱印本11-25-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 01:10| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: