ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年12月31日

ゆずり葉

鏡餅の下に敷くゆずり葉ですが、葉の寿命が二年以上あることから、生命力がある縁起の良い植物とされています。

平安時代には、正月、子供たちが、木製のステッキで木製の毬を打ち合う、毬杖(ぎっちょう)という現在のホッケーにも似た遊びを好んでしたようですが、その子供たちの腰には、ゆずり葉を付けたようです。

それは縁起の良いゆずり葉を付けることにより健やかな成長を祈ったためでした。

お正月には、おせち料理やゆずり葉に至るまで、縁起の良いものを厳選し、新年が良い年になるように祈ったものです。

京都大神宮で授与しております暦にもおせち料理の意味を解説しておりますのでそちらもご参考にご覧ください。

今年は、新型コロナウィルスの感染拡大で異様な年になりました。

新年を迎えるにあたり、例年にもまして来年は良い年になるように皆で祈念したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
山茶花12-1-R2.jpg
110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg
posted by miya at 01:58| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: