ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年03月03日

大祓詞を清書されては如何ですか

ご存知ない方が多いようですが、仏教の御経などとは異なりまして、神道の祭典で神職が奏上いたします祝詞は、祭事ごとに神職が作文するものであり、定型のものがあるわけではありません。

その一方、多くの神社で、毎日、大祓詞を奏上しまして心身を浄め、国民の安寧を祈念いたしますが、どの神社で奏上いたします大祓詞も同じでありまして、大祓詞は、意味が良く響きの良い言葉を吟味して作られており、奏上いたしますと、気持ちがすっきりと致します。

仏教では写経をされて、心の安寧を目指されるようですが、神道では大祓詞を清書しまして心身を浄めます。

お時間のある時に、大祓詞を清書されるのをお勧めいたします。

ネットで大祓詞は直ぐに見つかりますので、それを移されてもよろしいですし、京都大神宮では大祓詞のプレイトと紙にプリントしたものを授与しておりますので、それを拡大され、トレーシングペーパーを置かれてなぞられてもよろしゅうございます。

書かれたものは、お守りに入れて持たれるとよろしゅうございますし、大祓詞のプレイトを持たれるのもよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節印「雛人形」3-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg
posted by miya at 06:28| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: