ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年03月29日

お焚き上げ

各家庭で神棚にお祀りします神札は、御祭神の「みたま」を頂いたものです。

またお守りは、「みたま」を身に着けて守って頂こうとするものです。

こうして、一年にわたり、「おかげ」を頂きました神札やお守りは、それを受けました神社へと納めに参ります。

これは、新興的習慣であり、童謡の「とうりゃんせ」の一節にも「この子の七つのお祝いにお札を納めに参ります」とあります。

因みに、少し前までは、「七歳までは神様の子」と信じられていましたので、神様の御守護に感謝しつつ、お礼の意味で、神札を納めに行ったのです。

神札やお守りは清浄なものです。

一年経ちますと神社に納め、新しい神札を受けます。

一年お世話になりました神札やお守りは、邪険に扱わず、神社でお焚き上げいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「雛祭り」「つくし」3-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg季節印「雛人形」3-1-R3.jpg
posted by miya at 02:43| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: