ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年04月22日

厄祓

厄祓についてお問い合わせを頂いております。

厄年は、前厄、本厄、そして後厄の3年間あります。

可能であれば、3年連続で神社で厄祓をお受けなさるのがよろしゅうございますが、難しいようでしたら、せめて本厄の年は、厄祓をお受けになられるのがよろしゅうございます。

しかし、それも難しい方は、ご自宅の神棚で神様に厄を祓っていただけるようにご祈念なさればよろしゅうございます。

また、通常の年もさることながら、厄年には、神棚の前で大祓詞や祓詞を奏上なさいますと、心身を祓うことができ、かつ、精神的にも安定いたします。

なお、厄年に当たらない方でも、どうも理由もなく気分がすぐれないときなどにも、神社で清祓をお受けになられると、気分も良くなり、神様が護ってくださっていることを再確認でき、良いようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月のミニ朱印「桜」4-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg
posted by miya at 00:46| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: