ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年05月03日

亡くなった方は

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは親族や友人が亡くなると悲しみます。

しかし、退行催眠や臨死体験の経験者、そして生まれる前の記憶持つ子供らの証言により、死は悲しむことではなく、あたしたちの本体である魂は生き通しであり、あの世はこの世と比べるととても良い処で、この世を卒業して、故郷の霊界で一息ついて、楽しんでおられるので、可哀そうという想いは手放した方が良いということがわかってきました。

亡くなった方が可愛そうなのではなく、今ひと時のお別れを言うあたしたちが悲しいだけだそうです。

しかも、亡くなった方が最も辛いのは、残ったあたしたちが辛い状態にあることだそうです。

さすれば、祖霊舎に向かっては、悲しみを伝えるのではなく、あたしたちは元気で楽しくやっているので心配ないと伝え、亡くなった方の霊界での冥福を祈念し、この世での疲れを取ってゆっくり休み、次の生まれ変わりに供えていただくように祈るのが肝要だそうです。

あたしたちもこの世を卒業すれば、霊界でその方々に再会できるので、ひと時の別れと悲しみを長引かせるのも良くないそうです。

神様が創られた霊界とこの世に悲しむべきこと、悪しきことはないそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句記念朱印「端午の節句」「鯉のぼり」5-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg5月季節印「菖蒲」5-1-R3.jpg限定の書置きの朱印2種類「皐月」「菖蒲」「藤」「兜」5-1-R3.jpg
posted by miya at 02:20| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: