ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年05月08日

命を頂いている

あたしたちは、意識しておりませんが、あたしたちは、日々命のやり取りをしております。

あたしたちは、食事の時、様々な命を頂いて、あたしたちの命に変えております。

さすれば、頂く様々な命に感謝を忘れないように心がけるべきだそうです。

ビーガンの方は、植物だからよいといわれるようですが、植物学の方に伺いますと、木が伐採されるとき、パニックを起こすが如く木の波動が乱れるそうです。

やはり切られるのは嫌なようです。

その一方、果物がなる木に心地の良い音楽を聞かせるとおいしい実を付けるそうです。

一説にはモーツァルトのピアノ協奏曲が最も良い由。

植物も、魂を持ち、御霊磨きをしているようです。

あたしたちは、動植物なくしては、生活もできません。

その他にも、家具に、衣服に、様々な動植物の命を頂いております。

さすれば、まずは、食卓で食事を始める前に頂く命に感謝し、何をするにも、心の中で、頂く命に感謝するのが肝要だそうです。

感謝された命は、あたしたちの命となって大いに輝いてくれるそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句記念朱印「端午の節句」「鯉のぼり」5-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg5月季節印「菖蒲」5-1-R3.jpg限定の書置きの朱印2種類「皐月」「菖蒲」「藤」「兜」5-1-R3.jpg
posted by miya at 05:04| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: