ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年05月10日

生きているだけで奇跡

ある神職の方から教えて頂きました。

昔、「死」は、あたしたちと同居していました。「死」はめずらしいことではありませんでした。

そのため、かえって生を素晴らしいものにしようとしていたと思われます。

しかし、医療の発達などから、あたしたちは意識的に「死」をあたしたちの近くから追いやり、関係ないものとしました。

「死」はあたしたちに関係ないものとし、「死」への接近を意味する老いを嫌い、アンチエイジングが流行っております。

しかし、医療が発達した今日でも、どなたも死から逃れることはできません。

そのことをもう一度意識し、いつも意識することが肝要だそうです。

それは「死」への敗北ではなく、生きているだけで奇跡との確認と感謝だそうです。

神様への感謝、死は、肉体を神様へ返すだけで、あたしたちの本体である魂は生き通しで、この世を卒業しましたらあたしたちの故郷である神様のもとに帰ることの確認だそうです。

「今あることはすべて当たり前」を放棄することにより、魂の永遠性を確認し、神様への感謝を忘れないようにするのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定の書置きの朱印2種類「皐月」「菖蒲」「藤」「兜」5-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg5月季節印「菖蒲」5-1-R3.jpg
posted by miya at 03:21| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: