ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年05月13日

道具

ホモサピエンスが他の動物と違うところはいくつもありますが、その一つが道具を作って使うことだそうです。

実は、道具こそ、人類が万物の霊長となることを助けたのであり、人類とは切っても切れない縁でつながれているそうです。

そして、この道具も神様があたしたちのために準備くださったものだそうです。

神様の準備してくださったものであれば、当然その中には魂が宿っています。

道具は所詮「もの」だと邪険に扱わず、神様からお借りしているものと、そこに宿る魂に敬意を示し、大切に扱うと、喜んであたしたちに応えてくれます。

コンピュータエンジニアからは、よくコンピュータは使う人によりまして違う反応を示すと伺います。

ある方が触られるといつもフリーズしたり、異常な反応をするのに、異なった方が触られるとスムーズに動くことは経験なさった方も多いと思われます。

どなたも身の回りに愛用のグッズがあると思います。大切に使ってあげるのが肝要です。

先般、大リーグで活躍なさっている大谷翔平選手が、折れたバットのかけらを自ら手に取り、バットを治そうとなさった姿に感動なさったアメリカ人が多い由。

また、少し前には、ゴルフの松山選手のコーチがグリーンで一礼なさった姿が話題になりました。

あたしたち日本人がこれまで当然のこととしてきたことですが、あたしたちは無意識に霊性を感じているのかもしれません。

ところが、若い人は、「いただきます」も言わずに食事を始める方も多い由。

もう一度日本人の礼節を重んじる素晴らしさを意識したいものです。

それは、神様が喜ばれることになり、そして様々な道具に宿る魂を活性化し、あたしたちに幸せを引き寄せるようです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月季節印「菖蒲」5-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 04:05| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: