ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年05月21日

氏神様と産土の神様

氏神様や産土の神様に付きましてお問い合わせをいただきます。

引っ越しをなさったのですが、氏神様をお祀りされている神社はどちらになりますかとの由です。

最近、氏神様と産土の神様の混同があるようです。

極論を申しますと、氏神様とは、ご自身の家系の最初に当たる神様です。

例えば、藤原氏の氏神様は、春日大社にお祀りされています天児屋根命様(あめのこやねのみこと)となります。

一方、産土の神様とは、お住まいになっているところを管轄されている神様と申せます。

しかしながら、つい最近まで、日本では、人の移動は頻繁ではありませんでした。

そのため、氏神様が産土の神様である場合が多く、その後、人の移動が頻繁になりまして、氏神様と産土の神様の混同が進んだようです。

しかも最近では、産土の神様のことも含めて、氏神様と表現される方が多いようです。

さすれば、引っ越しをなさった場合、新しいお宅の近くの神社にお祀りされている神様は、本来は産土の神様でありますが、氏神様と理解されてもよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月季節印「菖蒲」5-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 05:35| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: