ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年05月23日

晴れ着

神社へは、どのような服装でお参りなさいますか?

散歩を兼ねてお参りをなさる時などは、大抵普段着だと思います。

神社はあらゆる人を拒否せず、皆様の生活に密着していますからそれで問題ありません。

しかしながら、初宮詣や、七五三詣、成人式などの際は如何ですか?

そのような日のことを、『晴れの日』と申します。

はれがましく、表向きで、正式、おおやけの日である意味です。

これに対しまして、『普段』のことを、『褻(ケ)』と申します。

おおやけでないこと、よそゆきでないこと、日常のことの意味です。

『晴れ』の日と『褻』の日は、心構えも身なりも異なる準備をいたします。

残念なことに、最近その区別が無くなって来ているようです。

因みに、欧米では、日曜日は、教会に行く日であり、この日はハレの日で、晴れ着を着て最もおしゃれをする日であります。

同様に、神社の拝殿に上がり、神さまの前で御祈祷を受けられ、お祈りをなさるのは、最高にformalな行動です。

それは七五三詣などのお祝いだけに限らず、厄祓、家内安全祈祷などで、昇殿して参拝する時も同じです。

無理をなさる必要はありませんが、出来る限り身を正されて御殿に上がられるのが肝要です。

晴れの日と褻の日を区別し、晴れの場と褻の場を分けて暮らして見られたら如何でしょう。

人は、形を整えることで心も整う生きもののようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句記念朱印「端午の節句」「鯉のぼり」5-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg5月季節印「菖蒲」5-1-R3.jpg限定の書置きの朱印2種類「皐月」「菖蒲」「藤」「兜」5-1-R3.jpg
posted by miya at 04:55| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: