ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年06月19日

ご祝儀

結婚式や披露宴に招かれますと、奇数の金額の現金を入れたご祝儀を持参いたします。

ご祝儀袋には「水引」が付きますが、様々な結び方の中で、一度結ぶとほどきにくく、結婚が末永く続くことを願って、「結び切り」あるいは、「あわじ結び」が一般的とされます。

しかしかつては、結婚祝いの品は、なるべく挙式の一週間ぐらい前までに持参したものです。

そして、式の一週間前までに祝いの品を届けられないときには、当日持参するのもやむなしとされたようです。

それに加えまして、当日、かさばるものであれば移動も大変となるため、現金を渡すことに変わったようであります。

時代の流れに合わすのもしょうがないと思われますが、移り変わりに注目し、その意義を思い起こして、出来るものは復活させるのも面白いかもしれません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月の季節印「ダリア」6-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg夏越の祓6-1-R3.jpg
posted by miya at 06:14| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: