ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年06月22日

食事

ある神職の方から教えて頂きました。

当然のこととしておこなう食事ですが、あたしたちが考える以上に、重要であり、たまにはそれを意識することが肝要だそうです。

なにより、食事が出来なければ、あたしたちは生きていくことが出来ません。

そのため世界の多くの宗教でも、食事に重要な意義を認め、キリスト教の最後の晩餐や、イスラム教のラマダンなど、食事に絡んでのものが多く存在します。

神道でも、最も重要なお祭りは、神嘗祭や新嘗祭など、食事に関するものです。

かつて、飢えは、頻繁に起こることでした。

そのために、あたしたちは、食物に感謝し、食物をもたらしてくださる神様に感謝し、飢えの対策を常に考えたものでした。

いまは、飽食の時代であり、食物ロスが論議されています。

せめて、毎日の食事の時には、あたしたちが受けている食事に「いただきます」と心から感謝して頂き、食事が終わりましたら、「ごちそうさま」と頂いた命への感謝と喜びを示したいものです。

その喜びや感謝は、必ず、善きことへの連鎖を生むそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月の季節印「ダリア」6-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg夏越の祓6-1-R3.jpg
posted by miya at 01:18| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: