ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年06月22日

ある神職の方から教えて頂きました。

神道では、神様が山に降臨なさると考えました。

そのため、大神神社の様に、山自体がご神体となっているところもあります。

一説には、エジプトに山がなかったために、山に似せてピラミッドを作った由です。

左様に、人間は、山を神聖なものと考えてまいりました。

その山に生えている木に対しましても当然畏敬の念をもってまいりました。

地鎮祭などでは、榊の木を神籬(ひもろぎ)にいたしまして、ここに神様に降りてきていただきます。

「木には気が宿る」と申しまして、木は、神様の拠り所となり、そのために、神様は、一柱、二柱と数えます。

今富士山がごみ捨て場の様になっていると伺います。

そのほかの山でも同様の事態が起こっている由です。

昔、富士山は、畏敬の山として、神様を熱心に崇敬なさっている方は登られなかった由。

山、そして木の大切さを考えて、真摯に、謙虚に対応したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月の書置き限定の朱印「夏越大祓」と「風待ち月」6-1-R3.jpg
ミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg6月の季節印「ダリア」6-1-R3.jpg夏越の祓6-1-R3.jpg
posted by miya at 01:21| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: