ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月22日

神棚のお供え物

神棚に付きまして、お問い合わせを頂いております。

神棚は、北を背にして南向き、あるいは、西を背にして東向きに設置下さい。

この意味いたしますところは、太陽の力を神棚に引き込むということであります。

これは君主にも当てはまり、「君主南面す」という言葉もあります。

神棚が設置できない場合は、ご神札を清浄な場所にお祀りなさってもよろしゅうございます。

ご神札は、神宮大麻と産土の神様、そして、崇敬なさっている神様のものをお祀りなさるのがよろしゅうございます。

さて、若しも可能でしたら、その前に、洗米、荒塩、そして、水をお供えください。

洗米は、お米を洗ったものです。

また塩は、食卓塩ではなく、海水から作られる荒潮が良いとされています。

水は水道水で結構ですが、「天の真名井の清き水を下し給う」と唱えながら汲まれると善き水となります。

天の真名井とは、天井にある泉です。

また頂き物などもお供えなさってから召し上がるのがよろしゅうございます。

季節・季節の果物や菓子をお供えされるのも良いとされます。

神様にお供えしたものを食しますと、神様の気も入り、より良い滋養になるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
オリンピック開催記念書置き4種7-21-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg7月の書置きの限定朱印文月「若鮎」「向日葵」7-1ーR3.jpg祇園祭後祭り朱印まとめ7-18-R3.jpg
posted by miya at 03:29| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: