ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月08日

深淵な善

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは悪しき状態に遭遇致しますと、「どうしてあたしがこんな目に合わなくてはならないのか」と自問いたします。

しかし、これは、あたしたちの幸せのことのみを考えて下さり、且つ常にあたしたちの味方である神様への冒涜であります。

それは神様のご神慮の否定につながります。

さすれば、このような自問を手放し、目の前の現象に執着しないのが肝要だそうです。

表面的には、最も受容しがたい過酷な状況でさえ、そのヴェールの下には、もっと深遠な意味での「善」が隠されているそうです。

あらゆる災難は、そのうちに慈愛の種が託されているそうです。

歴史を紐解きますと、理屈では、到底受け入れない状況に直面しながらも、それを受け入れることにより、あらゆる理解を超越した平和を見つけた人たちをたくさん発見することが出来ます。

神様は、あたしたちに深遠な善を与え続けてくださっているのだそうです。

深淵な善とは、絶対的な善だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
特別限定朱印「重陽の節句」9-1-R3.jpg
9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPGmiko.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgsyaoku.jpgミニの書置きの特別限定朱印「重陽の節句」9-1-R3.jpg
posted by miya at 01:32| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: