ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月26日

それは必要だった

生きておりますと、どうしてこのようなことが起こるのかというようなことに遭遇致します。

しかもそこから逃げようとしても、そうしたことは執拗に追っかけてまいります。

そのような時、それは必要だから起こったのだと認識するのが肝要だそうです。

否、それよりも、あらゆる瞬間に、自分が感じているもの、あるいは経験しているものすべてを、あたかも事前に選択したかのように生きることが肝要だそうです。

それは必要だったと認識しますと、悪しきことは、善きことに変容するそうです。

なぜなら、この世に起こることはあたしたちがこの世に生まれ出でる前に神様と相談して自分自身で御霊磨きとして決めてきたことだからだそうです。

その御霊磨きに果敢に挑戦することにより、あたしたちはより大きな人間になることが出来るのだそうです。

しかも果敢に挑戦するとき、必ず、神様はあたしたちに救いの手を差し伸べて下さるそうです。

あたしたちに乗り越えられないものなどないそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 02:01| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: