ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月04日

お参りの時の身なりは

最近は、情報に、仕事に追いまくられている方がたくさんおられます。

そのようなお忙しい方にとりましても、少しの時間でよいので、毎日時間を取って神様に手を合わされるのが肝要です。

それもままならぬようでしたら、通勤の途中でも、あるいは、風呂で汚れを取られてからでも結構ですので、神様のことを心に想われ、神様に今・ここにいられることの感謝の祈念をなさってもよろしゅうございます。

しかしながら、たまには、例えば、毎月、朔日と十五日は、崇敬なさっている神社、あるいは、産土の神様をお祀りされている近所の神社を参拝なさるのが肝要です。

また、通常は、あまりにひどい身なりでなければ、通常の身なりで参拝なさって結構ですが、たまには身なりを整えて、特別な気持ちでご参拝なさるのも肝要です。

そのような時には、下着は、白になさり、金属を身に着けられないのが良いとされています。

神職も祭典を斎行いたします時には、潔斎(けっさい)をし、下着は白いものにし、金属品などを身に付けぬようにいたします。

金属は時として、神様の気と反駁しますし、白の下着をつけることにより、神様の御前に純な気持ちで対峙するという意味がございます。

また、時には、盛装してご参拝なさると、身も心もすっきり致します。

伊勢の内宮・外宮で、御垣内参拝をなさる時にも、ネクタイを付け、盛装をすることを求められます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 01:51| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: