ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月10日

いつ

従来の慣習にとらわれない向きの方が多い今日この頃ですがそれでも、何かをなさる際に、日にちを気になさる方は多いようです。

京都大神宮では、毎年、暦を授与しておりますので、それをご覧になりますと、一般に有名な六曜のみならず、様々な日和の見方があるのに気づかれると思います。

実は、日本では、明治の改暦後、官暦からは、日の吉凶などの迷信的暦注は一切削除されてしまいました。

しかしながらその後でも六曜は多くの方に用いられているようです。

ところが、神社などのご参拝でも、お仕事をなさっておられると、なかなか大安の日や、先勝の日などにご参拝が叶わない方もいらっしゃると思います。

存じ上げている神職の方によりますと、ご参拝なさりたいと思う日が、神様とのご縁の日であり、神様にお近づきになられるときは、六曜などを気になさるより、神様からの気を重要視なさって、ご参拝なさるのが肝要だそうです。

神様に近づかれるのに場所も・時も関係ないそうです。

寧ろ思い立ったが吉日の喩の通り、そのご縁を大切になさるのが肝要だそうです。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:55| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: