ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月11日

自分自身と語らう

ある神職の方から教えて頂きました。

新型コロナウィルスの感染拡大のために、人との交流が少なくなってしまい、精神的に辛くなっている方も多いと伺います。

しかし、霊能者の方に伺いますと、あたしたち一人残らず、あたしたちの周りには神様や先祖の霊を含みまして数多くの霊が付き従って頂いているそうで、孤独な方など一人もおられないそうです。

一方、神棚の前やご神前で手を合わせますので、神様はあたしたちから離れたところにおられてあたしたちを見守って下さっているように思いがちですが、あたしたちは神様のご神霊の海の中にいるようなもので、神様はあたしたちの外にも内にも満ち満ちておられ、あたしたちは、あたしたちの心を通して神様と語り合うことが出来るそうです。

さすれば、神棚やご神前で神様に手を合わせるとともに、毎日時間を取りまして、あたしたち自身と語り合うのが肝要だそうです。

今は、自宅で過ごすことが多いので、この時期を良い機会と考えられて、自分自身と語り合う時間を取られ、自分の心の言葉を聞き取る練習をなさるのに最適な時期かもしれないそうです。

何事も、良いように、善き面を見ることが肝要だそうです。

マガツ神のトリックに引っかからず、神様の御心を受け取るのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 01:22| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: