ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月20日

人間に出来ることは限られています

科学が発展してきたために、あたしたちはいつしか傲慢になり、あたしたちに出来ないことは存在しないと考えるようになってまいりました。

しかし、科学者自身が述べておられる通り、科学が分かっていることはあたしたちを取り巻く宇宙や自然のほんの氷山の一角だけであり、それらすらも仮定の域を出ません。

さすれば、あたしたちは、あたしたちにわからないことはある、出来ることは限られていると認識し、謙虚になることが肝要です。

謙虚になれば余裕が出来ます。

余裕が出来れば、奇跡の可能性が増えます。

あたしたちに出来ることは限られていますが、その代わり、あたしたちの理解できないことが起こることが可能であることがわかります。

このことが様々な新しい発見となります。

その発見は、あたしたちには苦難を乗り越え、病魔を奇跡で打ち負かし、思いもよらない幸せを手に入れられる可能性を示唆します。

そして、それが事実であり、あたしたちは思いもよらない幸せを手に入れ、大きな喜びを手にするためにこの世に生まれてきたのだそうです。

御霊磨きは、辛い修行をすることではなく、大きな可能性に瞠目し、自らを高めていくことだそうです。

恐怖もあたしたちの努力と神様の恩頼(みたまのふゆ)で、奇跡のように消えるのが真実だそうです。

勝手に限らず、大いなる可能性をいつも意識することが肝要だそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 02:04| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: