ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年01月04日

お天道様がご覧になっている時ぐらい

ある神職の方から教えて頂きました。

今は死語になりつつある、「お天道様がご覧になっている」という言葉があります。

その意味するところは、誰にもわからないからといってもお天道様はご覧になっているので、神様に恥じるようなことはしてはならぬと自分を戒める言葉です。

これに対しまして、屁理屈を仰る方は、それでは、お天道様がご覧になっていないときには悪しきことをしても良いのかと反駁なさるようです。

この神職の方は、それは良いじゃないかとおっしゃいます。

なぜかと申しますと、一つには、お天道様がご覧になっていないということはほとんどない、そして、人間は神様ではありませんので、聖人君主にはなれず、雪隠詰めの生活では苦しくなるため、逃げが必要だと説かれるからです。

しかし、その代わり、せめてお天道様がご覧になっている時、つまり公が入る時ぐらいは、誠実にすべきとの由だそうです。

何事も緊張と緩和で、無理なく、より良い状態に進むのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定巫女のミニの朱印1-1-R4.jpg
楠.JPG朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg新春特別限定干支の書置きの朱印1-1-R4.jpg新春特別限定のミニの書置きの朱印1-1-R4.jpg
posted by miya at 01:58| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: