ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年01月05日

上皇后陛下

上皇后陛下は、ご心労も多いためか、いろいろと病にかかられなさってこられたようです。

最近も乳がんの手術を受けられた由ですが、その後の抗がん剤の影響により左手が不自由になられ、お好きだったピアノが弾けなくなられた由です。

あたし達でもそれまでできたことが困難になりますと、大いなる落胆とその後に対する心配が沸き起こってまいりますが、上皇后陛下は、「今でも残っている機能は授かりもので、なくした機能はお返ししたもの」と述べられたそうです。

以前も目を悪くなさったとき、そのことを公表なさったために同じ病を患っておられる多くの方が勇気を貰われたそうです。

きっとお辛いのに、その辛さを超える喜びを表現なさる事は素晴らしく、まさに万能で善の塊で、全てに前向きな神様を表現なさっているようで、感動した方や勇気を貰われた方が多くおられた由です。
新春特別限定のミニの書置きの朱印1-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg季節印「寅」1-1-R4.jpg新春特別限定干支の書置きの朱印1-1-R4.jpg
posted by miya at 01:18| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: