ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年01月13日

柏手としのび手

ご神前では、通常、二拝・二拍手・一拝の作法でお参り頂きます。

つまり、まず、ご神前に進まれてまず、軽く頭を下げられ、そのあと二度深く頭を下げられます。

「拝」とは90度頭を下げるお参りの仕方を申します。

そのあと、二度柏手を打たれ、祈念をなさってから、一度深く頭を下げられ、そのあと、軽く頭を下げて後、ご神前を離れられる作法でお参り頂きます。

しかしながら、神式の葬儀など弔事の柏手は両手を打つ直前で止めるようにし、音を立てないようにし、これを「しのび手」と呼んでいます。

時々、ご神前でこのしのび手をなさる方を拝見しますが、これは間違いですので、ご注意ください。

なお、神道では、五十日祭で忌明けになります。

仏教でいう四十九日にあたります。

一般的に、忌明けの御霊祭りが終わり、神棚に喪主が礼拝する際には、音を出す拍手(かしわで)になります。

喪主の最初の拍手が打たれた後は、しのび手にする必要はありません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定巫女のミニの朱印1-1-R4.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg季節印「寅」1-1-R4.jpg新春特別限定干支の書置きの朱印1-1-R4.jpg新春特別限定のミニの書置きの朱印1-1-R4.jpg新春限定巫女の書置きの朱印-1-1R4.jpg
posted by miya at 00:42| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: