ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年02月09日

日本では子供は神様

日本では、子供を大切にします。

それには様々な理由があると思います。

生まれたところなので、神様の世界に近い存在であるため、純粋である、エネルギーが溢れている、次の時代の担い手であるなど、様々ですが、子供を大切な、神様の子供として育てます。

しかし、これは、世界的には珍しいようです。

西欧では、もともと、子供とは、大人に達していない野蛮なものとの認識から、教師によりましては、鞭をもって教えたようです。

またSpankという単語が良く使われるように、体罰もありました。

ヴィクトリア朝の徳としては、子供は、Seen but not heardといわれ、居ることは分かってもしゃべって大人を邪魔してはならぬとされました。

翻って日本では、伊勢の神宮の祭典には、大人の神職に加えまして子供が同座いたします。

最近は、子供をただ甘やかす、あるいは、いじめや体罰など尊いものとしての対応の仕方が忘れられているようです。

子供との向き合い方を再考したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
建国記念の日記念の限定の書置きの朱印2-7-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg2月の季節印「雪うさぎ」2-1-R4.jpg2月の季節限定の書置きの朱印「如月」「如月 ゆき」2-1-R4.jpg2月のミニの限定の書置きの朱印「節分」「如月」2-1-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg「縁」記念の限定の書置きの朱印2-7-R4.jpg
posted by miya at 01:54| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: