ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年02月20日

あたしたち自身が神

ある神職の方から教えて頂きました。

神道では、神様とあたしたちの間に切れ目はありません。

天皇陛下があたしたちを赤子(せきし)と呼ばれるように、あたしたちは神様の子供であり、全ての人は先祖をたどっていきますと神様にたどり着きます。

このことは、神道の、日本の大きな特徴であります。

さすれば、本来あたしたちも神様と同様に、本来悪しきこと、ネガティブなことには縁がないはずです。

この世の中では、あたしたちは様々なことをする自由を付加されております。

ところが、あたしたちの感情を冷静に観察すれば、もともと縁のない悪しきことを行うとき、それはどこかに歪を生んでいるはずです。

逆に神様が喜ばれることをするとき、それは神様の子供である自分自身も喜ぶことであり、さすれば、善き感情になるはずです。

自分のよき感情に素直に行動するのが良いそうで、さすればおのずと神様の道を歩むことになるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2月の季節印「雪うさぎ」2-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg
posted by miya at 01:24| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: