ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年02月26日

何が起きてもまずラッキーと思うのが肝要

ある神職の方から教えて頂きました。

日々、嫌なことも嬉しいことも起こります。

そのたびごとにあたしたちの感情は揺り動かされます。

しかし、善の塊の神様があたしたちのことを想ってなさること、表面的に悪しきことも善きことも、その真実の姿はすべからく良い事だそうです。

さすれば、善いことはもちろんのこと、悪しきことが起こりましても、何が起きましても、まずラッキーと思うのが肝要だそうです。

ラッキーと思うとは、受け入れること意味します。

つまり、何が起こりましても、それは表面的にどう見えていても、善いことに違いないので、神様に感謝し、きっと自分の御霊磨きに役立てますと誓うのが良いそうです。

そのように前向きに対応した場合、必ず、その想いの通り、良い方向に動くのだそうです。

そして、全てに対処し終わった時、御霊磨きが進み、自分が大きく感じられ、対応能力が増し、良き経験が出来たと思えるようになるのだそうです。

自分の人生は善い事尽くしが真実だそうです。

そう思うところから幸せが始まるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2月の季節限定の書置きの朱印「如月」「如月 ゆき」2-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpgお守り各種4-27-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg2月の季節印「雪うさぎ」2-1-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg2月のミニの限定の書置きの朱印「節分」「如月」2-1-R4.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: