ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年02月27日

木にも感謝してから切る

ある神職の方から教えて頂きました。

奢った考えをお持ちの方は、「あたしたちの周りのものはすべからくあたしたちのためにある」と考えられ、周辺のものを当然のごとく邪険に扱われます。

確かに、神様は、あたしたちがこの世を生き抜くために必要なものを準備してくださっています。

しかし、あたしたちの周辺の動物も植物も、あらゆるものもそれぞれが主人公の御霊磨きをしておりますので、周辺のものを使わせて頂く場合も、断り、感謝して使わせて頂くことが肝要です。

とりわけ、気は木に宿るの喩の通り,木には、気が宿っておりますので、扱いを丁寧にする必要があります。

木を切る場合には、清祓いをし、感謝の気持ちを伝えて切らせて頂くことが肝要です。

余裕があれば、神職に清祓をしてもらって切られるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2月の季節印「雪うさぎ」2-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: