ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年03月19日

春季祖霊祭

私たちの祖先は、いにしえより自然や神様をお祀りすると共に、祖先を祖霊神としてお祀りしてきました。

死後、人はやがて祖霊(それい)となり、さらには祖霊神(それいしん)として、この世の子孫の生活を見守っていて下さると考えてきました。

春分・秋分の日は、いずれも国民の祝日で、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、「秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」とされていますが、かつては「春季皇霊祭」・「秋季皇霊祭」という祭日でありました。

今でも、宮中では春季皇霊祭・秋季皇霊祭が行われ、神武天皇を始め歴代天皇・皇族の御霊が丁寧にお祀りされます。

春分・秋分の日は、天文学的には太陽が黄経度(春分点)、180度(秋分点)を通過する日で太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、ご先祖様との交流に相応しい日と考えられて来ました。

京都大神宮では、春分の日、秋分の日にそれぞれ春季祖霊祭と秋季祖霊祭を斎行しております。

なお、今年も春季祖霊祭を斎行いたしますが、新型コロナウィルスの感染予防のため、ご参列なさる方はマスクを付けられ、ソーシャルディスタンスを保ってご着席ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の限定の書置きの朱印「桃の節句」と「弥生 桃の花」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
posted by miya at 01:39| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: