ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月03日

他人のために生きる

qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpgある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、生まれる前に神様と相談して自分のなすべきこと、お役目を決めて生まれ出、それぞれが、自分が主人公の人生ドラマを演じます。

御霊磨きの中でも、神様のお役に立つほど霊性が上がる御霊磨きはなく、また、神様のお役に立つことは、生まれ出てから新たに追加することも出来るそうです。

それでは、神様のお役に立つこととは何かと端的に申しますと、それは他人のために生きるということだそうです。

他人のために生きるとは、困った人を助ける、また、「はたを楽させる」が語源であるが如く働くなどがあります。

面白ことに人のために何かを為している時、あたしたちは死ぬことはないそうです。

あたしたちが死ぬときは、この世でのお役目が終わった時であり、さすれば、他人のために生きるとは、お役目があることを意味し、神様に代わって人助けをするあたしたちを、神様は助けて下さるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
posted by miya at 01:35| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: