ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月03日

頑張るが頑張りすぎない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちのこの世でのお役目や課題は、あたしたちの魂は知っていても、この世では忘れてしまって、知らない方がほとんどです。

それが故に、自分のなすべきことを探し求める方もおられます。

それも良いかもしれませんが、やるべきことがわからない時、あるいは、今の仕事やなすべきことが自分のなすべきことかがわからない時には、ともかく、目の前の仕事、目の前のなすべきことに熱心に取り組むのが肝要だそうです。

そうするうちに、目の前の仕事やなすべきことのお役目が終わった時、自分が真に目指すべきものが見えてくるのだそうです。

何事につけても、真摯に、出来ることをやりつくして頑張るのが肝要だそうです。

しかし、気を付けねばならぬことは、頑張りすぎる必要はないそうです。

神様はあたしたちが頑張りすぎることは求めておられません。

勿論自分のできる範囲を超えた目標を立てることにより、新たな地平線が切り開けますが、その中でこれ以上はと思えば、そこで止めればよいそうです。

そのバランスが重要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
posted by miya at 01:39| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: