ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月15日

自己犠牲

ある神職の方から教えて頂きました。

人のために、自分を犠牲にすることは、その方の幸せをかなえようとなさる神様のお手伝いをすることであり、しかも自分を犠牲にしてまでとなると、それは崇高なことではあります。

しかし、神様は、ある人のために誰かが犠牲になることは望まれません。

神様は、全ての人が見事に御霊磨きをなさることを望んでおられます。

さすれば、出来れば、相手も自分も幸せになる道を探り、自己犠牲がどうしても必要な時には、自分に感謝し、自分を大切にし、神様とともに自分が為すべきことをするのが必要だそうです。

神様とともに為す時には、それは自己犠牲にはならず、新たな飛躍へのバネへと変容し、相手も自分も幸せになるのだそうです。

神様はそのようにこの世を創って下さっているのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg
posted by miya at 01:38| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: