ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月24日

死ぬときは決まっている

ある霊能者の方から伺いました。

あたしたちの本体は決して死ぬことのない、生き通しの魂です。

あたしたちは、この世に生まれ出てくる前に、この世であたしたちが為すべき課題を神様と決めてきているそうです。

そして、あたしたちのこの世でのお役目とは、神様のお手伝いをし、為すべき課題をこなして御霊磨きをして霊性を上げ、神様に近づくことだそうです。

さすれば、あたしたちが死ぬ時とは、この世でのお役目と課題をこなすことが済んだ時であり、敷衍すれば、あたしたちの死ぬときは決まっているのだそうです。

昔、死は人々の近くにあり、決して避けるものではありませんでしたが、最近は、死は忌み嫌われ、忘れ去ること、あたしたちから遠ざける対象で、そのためにアンチエイジングが流行ったり、様々な医療で延命が図られます。

それも決して悪いことではありませんが、死ぬときが決まっているのなら、あたしたちのすべきことは、神様からこの世を生きるために貸し与えられたあたしたちの身体を使い切るのが肝要で、あまり延命やアンチエイジングに執着するのも良くないそうです。

あたしたちの身体を使い切れば、あの世に戻り、また新しい身体を神様からお借りしてこの世に生まれ出てくるのですから。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の書置きの限定の朱印「卯月 桜」と「卯月 こでまり」4-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg一粒万倍札4-15-R4.jpg巫女の柄入り福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 04:18| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: