ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月27日

神社

神々様が鎮まります「神社」は、元来神様の杜を意味する言葉であります。

万葉集には、杜を詠んだ歌が数多く登場し、杜のほか森、社、神社をすべて「モリ」と詠ませています。

古代の日本人にとりまして、「モリ」とは、神々の霊がコモル(籠る)であり、人間がみだりに足を踏み入れてはならないマモル(守る)べき「神様の領域」でありました。

緑の自然を象徴する神社の杜は、まさに日本人の心のふるさとであります。

京都大神宮の境内にも木々が植わっており、四季を彩っております。

ご参拝の方で街中の喧騒を通り抜けて当宮の境内に入られるとホッとするとおっしゃる方がたくさんおられます。

気は木に宿るとも申申します

境内で神様の良き気をお受けください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の書置きの限定の朱印「卯月 桜」と「卯月 こでまり」4-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg一粒万倍札4-15-R4.jpg巫女の柄入り福財布4-22-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
posted by miya at 03:02| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: