ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月04日

自己犠牲と人の役に立つ

ある神職の方から教えて頂きました。

「働く」とは、「はたを楽にする」というところから来ているようです。

すなわち、他人が楽になるためにすることが働くだそうです。

そして、最も感動し充実感のあることは何かと申しますと、それは、ほかの方が喜ばれることを為すことのようです。

それは自分自身が満足することとは比較できないほどうれしいものだそうです。

たしかに感謝されるととても気持ちが高揚します。

しかし、重要なのは、自分を犠牲にすることはないそうです。

自分を犠牲にした他人助けはひずみが生じるそうです。

そこには自分が犠牲になったという負の感情が残ります。

そうではなく、自分が喜んで、気持ちよく他人を楽にさせるのが目指す神様への道、神様へのお手伝いだそうです。

最高の御霊磨きだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
子供の日特別限定金の朱印5-3-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg5月ミニの書置きの朱印「端午の節句」5-1-R4.jpg5月の限定の書置きの朱印「端午の節句」5-1-R4.jpg
posted by miya at 01:23| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: