ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月06日

自分にとって最高の悦びは他人を喜ばすこと

ある神職の方から教えて頂きました。

人によりまして様々な楽しみがあります。

しかし、人間とは不思議なもので、自分一人が嬉しくてもその喜びはそれほど高くないようです。

さすれば、あたしたちの最高の悦びはとは何かと申しますと、それは他人を喜ばし、他人が悦び、そして感謝されることに尽きるそうです。

これはまた神様のお手伝いをしていることにもつながり、最高の御霊磨きとなります。

仕事でも純粋にお客さんや上司が喜ぶような仕事をしていれば、自然と能力もアップしますし、趣味や遊びでは得られないような、大きな充実感が得られるので結局は自分の幸せとなって返ってきます。

日本では「はたらく」という言葉がありますが、これは単なる労働という意味ではなく、「はた」というのは「まわりの人」、「らく」というのは「楽にする、楽しませる」という意味です。

つまり「はたらく」というのは単なるお金を稼ぐためではなく、周りの人を楽にする、楽しませるというのが本来の目的です。

とりわけ日本人は、退職後でも働くことに楽しみを見出します。

自分も楽しみ、且つ相手も喜ぶのが最高の幸せなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句書置きの朱印4種5-4-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg
posted by miya at 06:03| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: