ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月09日

犬以外の狛犬

すべての神社の狛犬が、まさに犬かと申しますとそうとは限りません。

一般によく見かけるのは、稲荷神社に置かれています一対の狐像です。

狛犬が置かれているはずの場所に狐が置かれている場合です。

これは稲荷様の神使が狐だからであります。

神使とは、神様のお使いをする動物であります。

同じように天神様のお使いは、牛なので日本各地の天神社や天満宮には牛が神獣として狛犬の様に置かれております。

八幡宮のお使いは、鳩です。

そして大黒様のお使いは鼠です。

弁財天様のお使いは蛇です。

まだまだありますが、各地の神社に参拝なさる時、狛犬を意識されるのも神社に親しみがわくきっかけになるかもしれません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句書置きの朱印4種5-4-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
posted by miya at 01:18| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: