ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月10日

鼠と大国主神

「古事記」上巻に大国主神様が兄弟たちに追われて根の国に逃れ、須佐之男命の娘の須勢理毘売命と結婚なさるという話が載っております。

その時、大国主神様には様々な課題が課せられます。

大国主神様はまず蛇の室に入れられ、さらにムカデと蜂の室にいれられたりされます。

その後、須佐之男命は鳴鏑(なりかぶら)を野原に射て、それを取ってくるようにと大国主神様に命じなさいます。

そこで大国主神様は野原に入られます。

すると須佐之男命様は火を放って野を焼かれます。

その時に、鼠が出てきて、大国主神様に「内はほらほら 外はすぶすぶ」と教えました。

「内は洞穴で、外は狭くなっている」といった意味です。大国主神様は大地を踏んで土の中の洞穴に落ち込み、そこに隠れて火が過ぎ去るのを待たれました。

火が去ってしまうと、先の鼠が鳴鏑を銜えて出てきて、大国主神様に捧げました。

こうして、大国主神様は須佐之男命の試練を克服して葦原中国の主宰神にまで成長なさります。

鼠は、古代社会では、救済者であったようです。

また、神様の使者というべき性格が与えられていたようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
端午の節句書置きの朱印4種5-4-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 03:36| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: