ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月11日

大国主神と大黒天

大国主神様は、いつの間にか大黒天と混同された形で信仰されるようになります。

大黒天は、平安時代の天台宗系寺院の厨房に祀られ、中世以降、恵比寿とともに庶民の台所の守護神として祀られるようになったようであります。

大黒天は七福神に加えられ、福の神として知られるようになりました。

頭巾をかぶり、小槌を持ち、大きな袋を背負って米俵の上で笑っている大黒天の姿は、まさに福の神にふさわしいといえましょう。

この大黒天の使者として信仰されていたのが白い鼠であります。

大国主神様と鼠の関係を考えると面白い関係性に気付かされます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg
posted by miya at 02:31| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: