ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月11日

「清・明・浄」

神道は、「清・明・浄」を理想としまして、穢れを排して浄を重んじる宗教であります。

特に神様の前に出ます時には、そのための心身の穢れを取り除くことが、「きよめ」であります。

神社の手水舎で口を漱ぎますのも簡略された禊祓であり、ほかにも水行、滝行、斎戒沐浴なども同様であります。

神輿の渡御の時、水や塩がかけられたりいたしますのも禊の意味合いを持っております。

神様の心、自分の心に照らして、悪いことをしてはならないということであります。

不思議と今の時代は過去の時代よりもはるかに豊かになっておりますのに、人の悩みはますます増えていって神社にお参りする人々も年々多くなっております。

そうした時代にあって、様々なものに神様のありがたみを感じることが肝要であり、人の営みに不可欠なものであります。

自然のあるがままの発露が神様であります。

このことをもう一度思い出したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句書置きの朱印4種5-4-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
posted by miya at 02:40| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: