ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月13日

客人神

神道には、「客人神(まろうどかみ)」という神様がおられます。

客人神とは、外来の神様であります。

記紀にも海の彼方にあるとされます「常世(とこよ)の国」から訪れられた神々が数多く描写されています。

神道では、八百万の神様と申し上げますので、外来の神様に矛盾する概念はなりません。

神道の奥深さと申せましょう。

加えて、動物も植物も、物にでさえ霊性を感じるのが日本人であり、神道であります。

そうしますと、全てが神聖であり、大切に扱うという心が芽生えます。

神道の真骨頂であり、とても良き面であるといえます。

この世のものはすべて神様の創造物でありますから、神道の考えと矛盾はありません。

ただ、創られたものは、神様から離れたものではなく、そこに霊性が生き生きと活動し、あたしたちと同様に精神的活動をしているというのが神道の面白いところであります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句書置きの朱印4種5-4-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg
posted by miya at 07:11| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: