ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月14日

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊邪那美尊(いざなみのみこと)

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊邪那美尊(いざなみのみこと)の夫婦神は、記紀の中では、日本の国土や神々を生む創造神として描かれております。

地上世界の想像を任された二柱の神様は、天上界の天浮橋(あまのうきはし)に立ち、矛で海原をかきまわし、最初の大地である淤能碁呂島(おのごろじま)を創られました。

そしてこの島に降りたたれ、最初の結婚の儀式を執り行われたとされます。

二柱の神様は、その子供として本州や九州など日本列島の島々を生む「国生み」、さらに、山、海、風など自然界のあらゆる神々を産む「神産み」を行なわれ、地上世界は、誕生しました。

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊邪那美尊(いざなみのみこと)は、さらに天照大御神様など三貴神の神様などの神々を誕生させられると、子らに世界の統治を委ねられて、「古事記」では、淡海に幽宮(かくりのみや)をつくって鎮まられたとされています。

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊邪那美尊(いざなみのみこと)の二柱の神様は、京都大神宮でもお祀りしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
端午の節句書置きの朱印4種5-4-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg
posted by miya at 03:11| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: