ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月21日

日本人の信仰心

日本人は、宗教に無関心で無頓着だとおっしゃる方がおられます。

しかし、そうでしょうか。

日本では神や仏を思う心や風習があまりにも日常の生活の中に溶け込んでしまって意識されないようです。

意識されずにいるうちに作法もしきたりも忘れ去られていったようです。

その意味では、日本人は逆に一等高等な信仰心を持っているとも言えそうです。

例えをご披露します。

古くから日本では、一月一日に誰もが一歳年齢を重ねました。

一月一日はお正月の始まり、元日であると同時に自分たちが年を取る日でもあったわけです。

それが満年齢で歳を数え、自分たちの誕生日を祝うなどしたことが正月の行事の意義が薄れてきた原因かもしれません。

年が改まりますのは、新しい魂が宿る、あらたある(新魂留)日だったのです。

あたしたちの周りには、知らず知らずに日本の神様が祀られ、それが日常生活のなかに溶け込んでいたりいたします。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg
posted by miya at 00:52| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: