ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月21日

年神様

ある神職の方から教えて頂きました。

元旦には、元日にやってこられる年神様を各家家でお迎えし一年間の幸せを祈ります。

大切な神様をお出迎えするわけですから、着るもの、履物から下着、茶わんまでも新しくして十分な用意をして神様をお迎えし、そのために歳の暮れには大掃除をいたしまして、玄関にはしめ飾りを飾ります。

そのしめ飾りは、神々様が家を訪れなさる時の目印であり、その家が神聖な場であることの証であります。

これらはみな神道に基づいた行事であります。

そうしたことを意識せずに行ってきなさった人も多いでしょうが、あたしたち日本人の心象に神道の感覚といったものが深く根差しておりますので、こうした行事を後世に受け継いでいきたいものです。

因みに年は、日本人にとってとても大切なお米も意味いたします。

つまり、「年」は日本人にとり需要なものであることがあらためて分かります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
posted by miya at 00:56| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: