ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月22日

愛車

アメリカ人の友人が以前興味を持って語ったことがありました。

日本人は、どうして車を異常に大切に扱うのかというのがその内容でした。

アメリカ人ももちろん車を大切に扱いますがそれはあくまで人間をサポートする機械としての扱い方であります。

しかし、日本では、「車」ではなく、「愛車」と呼びます。

そこには物に対する愛情が介在いたします。

自分の車に名前を付けて大切にする方もおられます。

バンパーに傷がついて騒ぐのは日本人ぐらいではないでしょうか。

もともとバンパーは、車を傷から守るために装着するものであり、傷がついて当然です。

しかし、これは、わるいことではありません。

そしてコンピュータなどに顕著ですが、機械を扱う方が愛情をもって扱うと、それに対応して良く動いてくれます。

日本人がモノ作りで優れた功績を上げてきたのにはこの辺りにヒントがあるのかもしれません。

日本人の素晴らしい素養をもう一度評価し大切にしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg「紫陽花」と「南天の花」5-18-R4.jpg
posted by miya at 03:17| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: