ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月22日

遷宮

ある神職の方から教えて頂きました。

ご存知の通り、伊勢神宮では、二十年ごとに式年遷宮が行われます。

全てのお宮が新しく立て替えられ、それぞれのお宮の中にある調度品に至るまで、新しくされます。

遷宮は、伊勢神宮のみならず、全国の少なからぬ古社で行われるものでありますが、その意味は、「よみがえり」にあります。

よみがえりとは「蘇り」や「甦り」と書きますが、やまとことばでは「黄泉返り」、「夜見帰り」ということで、「死の国から生きて返る」ことであります。

伊弉諾尊様(いざなぎのみこと)は、一度は死の国である黄泉に、足を踏み入れられましたが「よもつへぐい(黄泉の国の食物を口にすること)」をすることなく、取って返してよみがえりを果たされます。

追いかけてくる鬼を桃の力で封じなさいます。

そして、穢れを禊によって洗い落とされます。

遷宮とは、神社の禊といえます。

ここから新たな復活が始まるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月の季節印「竹とたけのこ」5-16-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg「紫陽花」と「南天の花」5-18-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
posted by miya at 03:30| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: