ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年06月28日

地鎮祭

地鎮祭は『日本書紀』にも記録されております。

持統天皇五年(西暦691年)十月二十七日、「使者をつかわして新益京に、地鎮の祭をさせられた」と書かれております。

新益京とは現在の奈良県橿原市にある藤原京の別名で、持統天皇様にとってはご自分が造営なされる初めての都となる重要な土地です。

地鎮祭は土地神様への建築許可を願うものですが、祝詞に登場する神々は産土大神(うぶすなのおおかみ)、大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)、埴安姫大神(はにやすひめのかみ)、屋船大神(やふねのおおかみ)の四柱の神様が多いようです。

産土大神は、その人が生まれた土地を守る神様です。

大地主神は、この土地を守護する神様のこと。

家を建築する許可はこの神様から受けます。

埴安姫大神は、埴土(粘土)の女神様で、陶器の守護神ともされる神様です。

そして、屋船大神は、古くから御殿を守護する神様と考えられてきた木の神様である久久能智命(くくのちのみこと)と草の神様である草野比売神(かやのひめのかみ)を指します。

京都大神宮でも地鎮祭をお受けしておりますので、ご希望の方は社務所にご連絡ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
夏越大祓唱え詞-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif茅の輪と御殿6-25-R4.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg夏越大祓人形と神札6-1-R4.jpg6月季節印「紫陽花とてるてる坊主」6-1-R4.jpg6月ミニの限定の書置きの朱印「時雨時」と「あじさい」6-1-R4.jpg
posted by miya at 06:27| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: