ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年08月11日

天宇受売命(あめのうずめのみこと)

天宇受売命(あめのうずめのみこと)は、芸能の神格を持つ日本最古の踊り子であり、神楽や俳優といった日本芸能の祖神とされます。

巫女的な性格を備え、宮廷祭祀に関わる猿女君(さるめのきみ)の祖ともされます。

天岩戸神話では、岩戸に隠れられた天照大御神様を外に誘い出すために、岩戸の前に集まった大勢の神々の前で踊られます。

すると多くの神々は大きな笑いと歓声を上げ、岩戸の前は大変楽しくにぎやかな雰囲気に満ちました。

その騒ぎが気になった天照大御神様が外を除いたところ、アメノタヂカラオ命が手を引いて外に導いたことで世界に太陽の光が戻ったとされます。

この時に披露した踊りが、今も神前で行われる神楽(かぐら)の原型とされています。

『日本書紀』には「巧みに俳優をなし」と記され、日本芸能のルーツとされる女神様です。

神楽の語源は「神座(神が宿る場)」であるといわれ、神を招き、降臨してきた神様を歓迎し祝福するために神座において踊りを捧げることを意味します。

同時に神楽には神様の心を楽しませ和らげる「神遊び」という意味も含まれているそうです。

天岩戸神話は鎮魂祭(ちんこんさい)の起源を語るものとも考えられています。

鎮魂祭とは、太陽の活力の再生と天皇様の遊離した魂を取り戻すことによって、世の中の平安を祈願する儀式です。

天岩戸の前で神懸りした踊りで天照大御神様の関心をひき、心を開かせ、活力を取り戻させます。

ウズメという名前については、様々な解釈がありますが、有力なものに「ウズ」とは神事の際に頭に挿す枝葉や花を意味する「挿頭(かざし)」からきているという説があります。

この場合は枝葉や花は、神霊を招き宿らせる一種の寄り代の機能をもつものと考えられ、そこから、ウズメとは「神事における特別な役割をする髪飾りを挿した女性」をさします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の限定の書置きの朱印「山の日」と「葉月 向日葵」8-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
posted by miya at 04:25| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: