ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年09月28日

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)のカヤはススキやスゲなど草本の有用植物の総称です。

カヤは、毎年放置していてもしっかり生えてくる便利な植物ため古くから屋根材や飼肥料などに利用されてきました。

古代では、カヤの箸でご飯を食べるとお腹にいいとか、秋にはカヤの箸を作って神さまにささげるといったものがあるようです。

また、夏越の大祓いに茅の輪にももちいられます。

古くからカヤには野に満ちる生命力が宿っていると考えられてきたようです。

この神様の姿には、古代の人々がカヤの旺盛な生命力に抱いた畏敬の念が反映されています。

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)は家宅の守護神としても信仰されています。

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)は野の緑すべてを支配しなさっていることから、私達の食卓にあがる野菜、雑草や草花まで霊力が及んでいます。

そのため漬物の祖神やタバコの神様としても祀られています。

その他に、普段私達が口にしている白菜、大根、きゅうりなど様々な漬物を与えてくださるのが鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)とされます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 02:28| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: