ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年10月07日

新しくする

神社でお受けなさるお守りやご神札は、一般的には1年ごとに新しくなさることが良いとされております。

神道では、常若と申しまして、新調しまして、新しい御力を得るようにすることを重要視し、良しと致します。

また、神宮などのお祭りでは、子供が祭事に参加しますのは、若い子供の良き気を満たすという意味もあります。

お守りやご神札は、あたしたちの穢れも受けて頂きます。

いろいろなことで助けて頂いたと感じなさった時には、一年を待たずして、お守りやご神札を新しくなさるのも肝要です。

新しくなさった後、気持ちがすっきりし、また開運なさる方も多い様です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg10月の季節印「金木犀」10-1-R4.jpg10月のミニの限定の書置きの朱印「神無月秋桜」と「萩」10-1-R4.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: